開催日:2017年3月27日(月)〜4月2日(日)
概要
作詞して、レコーディングして、ミュージックビデオを作って……。
どれも難しそうだけど、やり方さえ分かれば案外簡単、それが「ラップ」!
lyrical schoolは、そんなラップ楽曲の制作に特化した
"女の子のための学校"です。
3つの魅力
1.信頼の講師陣!
第一線で活躍するヒップホップアーティストや
ライターの方が講師になって、
皆様に直接、指導します。
2.ラップ初心者の方でも大丈夫!
作詞、レコーディング、
ミュージックビデオ制作まで、
講師を含めたスタッフ全員で全力サポートします。
3.女性限定だから安心!
参加者が全員、同世代の女の子だから
周りを気にせず、安心して課題に
取り組むことが出来ます。
カリキュラム
詳細を閉じ
3/27(月)〜 4/1(土)
午前 11:00〜12:30
休憩 12:30〜13:30
午後 13:30〜15:30
居残り対応 15:30〜16:30(4/1は21:00まで使用可能)

4/2(日)
午前 11:00〜12:30
休憩 12:30〜13:30
午後 13:30〜15:30
講評 16:00〜19:00
3月27日午前
「座学/ラップの書き方とテクニック」
ラップを作詞するときに必要になる知識や技術を教える授業です。 レジュメも配布します。
3月27日午後
「実践/ラップの書き方とテクニック」
午前の座学を参考に、実際に短いラップを書きながら、 作詞する感覚を覚えてもらう授業です。
3月28日午前
「座学/多種多様なラップのスタイル」
一口にラップと言ってもアーティスト毎にそのスタイルは様々で、 男性に比べれば少ない女性のラッパーだけを見ても様々なスタイルが存在します。 YouTubeなどの動画サイトで視聴できる様々なアーティストのMVを見ながら、 いろいろなラップのスタイルを学ぶ授業です。 レジュメも配布します。
3月28日午後
「実践/作詞」
グループに分かれて、楽曲に使用するバックトラックを決めて、「学校」をテーマにラップの作詞(ひとり8小節)を開始します。 バックトラックはオリジナルのトラックを複数用意した中からグループ毎に選んでもらいます。
3月29日午前
「座学/ラップとトラック」
専門的な知識や機材が無いと難しいトラックメイクですが、 サンプリング技法などを中心に実際のアーティスト楽曲を参考にしながら、 トラックメイクの基礎を教える授業です。 必要になる機材などもまとめたレジュメも配布します。
3月29日午後
「制作/作詞」
28日に続き、作詞の作業です。
3月30日午前
「座学/家で出来るボーカルレコーディング」
自宅などで録音する際に必要になる機材やソフトの紹介や、またその方法などを教える授業です。 レジュメも配布します。
3月30日午後
「実践/ボーカルレコーディング(and MV構想)」
宅録さながら教室に簡易的に立てたマイクでレコーディングを行います。 (エンジニア立会いのもと。)レコーディングを待っているグループには、ミュージックビデオの内容を考えてもらいます。
3月31日午前
「座学/ミュージックビデオ制作」
照明やカメラなど、様々な機材が必要になり、それを使用する技術も大事な映像制作ですが、 アイデア次第では自分たちの出来る範囲でクオリティの高い映像を制作することも可能です。 ヒップホップに限らず、素晴らしいアイデアで制作された様々なアーティストのMVや映像作品を見ながら、 ミュージックビデオを制作する時に必要になる知識なども教える授業です。 機材なども紹介したレジュメも配布します。
3月31日午後
「実践/MV構想(andボーカルレコーディング)」
午前の授業を参考にしながら、ミュージックビデオの内容を考えてもらいます。
4月1日午前
「実践/MV撮影」
ミュージックビデオ撮影をしてもらいます。
4月1日午後
「実践/MV撮影」
ミュージックビデオ撮影をしてもらいます。
4月2日午前
「実践/編集」
エンジニア立会いのもと、ミュージックビデオを編集してもらいます。
4月2日午後
「実践/講評」
ミュージックビデオが完成したら第一線で活躍するヒップホップアーティストの方や音楽ライターの方をお呼びして、講評します。
講師陣/講評者
ALI-KICK
1978年生まれ。ふたご座。音楽プロデューサー。ROMANCREWのメンバー。
KREVA、SHINGO★西成、般若、韻踏合組合、サイプレス上野とロベルト吉野などのHIPHOP勢のプロデュースをはじめ、久保田利伸への楽曲提供や、アイドルラップグループlyrical school、声優ユニットevery♥ing!への楽曲提供と幅広く活動している。
高木JET晋一郎
音楽ライター。主にヒップホップ/アイドル/ブラックミュージックを中心に執筆。TV BROS「WHAT’S THE TIME」、Amebreak「Beat Scientist」など連載。共著に「ラップのことば」、構成にサイプレス上野「ジャポニカヒップホップ練習帳」など。
MO-RIKI
スタジオNu Funk Factory代表
エンジニアとして、数々の話題のアーティストを手がけ、その傍ら防音工事アドバイザーとしても活躍する。 lyrical school の前進 tengal6 時代からレコーディングを担当している。
KEN THE 390 -ケンザサンキューマル-(4/2 講評)
自らのラップはもちろん、イベント/レーベル運営まで精力的に行い注目を集める。
フリースタイルバトルで実績を重ねた後、2006年1stアルバム「プロローグ」にてデビュー。現在までに、フルアルバム8枚、ミニアルバム4枚をリリース。2016年にはCDデビュー10周年を記念したベストアルバム「KEN THE 390 ALL TIME BEST」がリリース。
活発なアーティスト活動を続けながら、現在は話題のMCバトル番組"フリースタイルダンジョン"にも、審査員としてもレギュラー出演。またタワーレコードが主宰する放送局「タワレボ」にて番組パーソナリティを務めるなど、その活動は多岐にわたっている。
and more!
続報をお待ちください
コメント
ALI-KICK
偉そうにすみません。講師をさせていただくALI-KICKともうします。
ラップは、とても自由なアートフォームです。自由なので、格好良いラップをするためには?と言う問いに答えはありません。

答えは人それぞれで、自分で探すしかないのですが、答えへと近づく近道を探す方法は教えられると思います。

声、リズム、ビートへのアプローチ、韻を踏む、踏まないなどなど。
テクニックや、自分のポテンシャルを知ることで自ずと「答え」への近道は見えてくると思います。

楽しく、気持ちよくラップ出来るようお手伝い出来ればなと思っていますので、興味がある方は是非よろしくです。
minan
ラップをするのはとっても楽しいよ!
一緒に女子ラップ盛り上げていきましょう♥
hime
ラップに興味があるみなさん、ラップに触れる良いチャンスだと思います!(普段こんな機会無いですし!!笑)
ラップの新しい楽しみ方を一緒にみつけましょう😊
lyrical schoolプロデューサー
キムヤスヒロ
私たちはlyrical schoolという女性ヒップホップアイドルを運営/プロデュースしている経験を生かし、女の子だからこそできるラップの表現を才能を本人たちから引き出せる自信があります。
SNSをはじめとした表現/発信する為のインフラがインターネット上に整っている現在、それを日常的に使いこなしている10代、20代の女性たちが、私たちが発想できないようなアイデアで新しい日本語のラップを表現/発信していく未来を作りたいです。
募集要項
本講座は応募多数の場合は抽選となります。
13歳~26歳の女性対象 ※小学生高学年の方もひとりで受講できる場合は参加可能
追加募集:募集期間 〜3/26(日)20:00まで お振込については、返信メールにてお知らせいたします
受講料 ※教材費/機材使用費/レコーディングエンジ ニア費等、全て含む
7days 直前ディスカウント価格 27,000円(税込)
1day 価格 5,400円(税込)
*3/27、3/28、3/29、3/30、3/31の午前座学に参加できます、実践は見学可能
*応募フォーム備考の欄に受講希望日を記載してください

お支払については、返信メールに記載させていただきます。

よくある質問と注意事項(PDF)

[会場]
花伝舎
東京都新宿区西新宿6-12-30
地図(PDF)
(新宿駅から徒歩15分、西新宿駅から徒歩6分)
※講座に関して、施設へのお問い合わせはご遠慮ください
リリカルスクールとは?
HIP HOPアイドルグループ。
2010年結成。 8枚のシングルと2枚のフルアルバムをリリースしてきたインディーズ時代を経て、 2016年4月27日にKING RECORDSよりメジャーデビューシングル「RUN and RUN」が発売される。 同作のミュージクビデオが、スマートフォンでの再生を推進した縦型MVとして各メディアで注目を集め、カンヌ広告祭サイバー部門でブロンズを獲得した。 同年11月16日にはメジャー1stアルバム「guidebook」をリリース。アルバムを引っさげて全国ツアーを開催し、12月29日にはZEPP TOKYOでツアーファイナルを行った。
今年2月26日に新宿BLAZEで行うワンマンライブを最後に現体制での活動を終了し、メンバーのami、ayaka、meiが卒業。
minan、himeを中心に新体制始動に向けて目下準備中。

RUN and RUN MVはこちら
minan
メンバーカラー:紫
とあるウェブ配信の番組内企画で練習し始めたMPC(AKAI professional)の演奏動画が「lyrical school minanのMPC叩いて歌ってRAPしてみた動画 」というタイトルでいくつかYOUTUBEにあがっているので要チェック。
hime
メンバーカラー:緑
最年少メンバー。HIP HOP好きの両親のもとに生まれ育った高校3年生。普段からHIP HOPを愛聴しているのもあって、ラップのスキルの高さは確かなもの。冒険家、忍者に憧れを持っている。
お問い合わせ
rap_school@lyricalschool.com