第一回 ラップ女子校 lyrical school MV公開!

2017.04.26
  • 女の子のためのラップ女子校 lyrical school。2017年3月27日(月)〜4月2日(日) の1週間、西新宿にある花伝舎にて開講しました。

(上左から、hime、塩じゃけ大好きお姉さん、小泉花恋、minan
左下から、risano、メデルカナデル、yuu、hinako)

 

作詞/レコーディング/撮影/編集を学んだラップ女子校参加者が、自分たちで作詞/ラップ/レコーディング/撮影したミュージックビデオが「さよならsunset」「放課後ラップ」の2作品完成し、本日YouTubeにて公開されました。

受講した参加者は、普段歌を歌って活動している現役アイドルの子や、春から新社会人になる子、春休み中の学生さんなど……ラップ未経験の様々な女の子が集まりました。
ここでは、1週間の授業の様子をお伝えいたします。

※ミュージックビデオ出演/講評参加は、7days通しで参加された方のみです

 


 

day1  3月27日(月) ラップの書き方とテクニック

講師:ALI-KICK
午前中は、ラップを作詞するときに必要になる知識や技術についての座学でした。

(ALI-KICK先生の講座を受ける、生徒たち)

午後は、実際に短いラップを書いていきながら実践的に理解を深めていく授業になりました。
(ALI-KICK先生のアドバイスをもらう、久慈美流)

(熱心に押韻を考える生徒たちと、ALI-KICK先生)

(押韻を考える小泉花恋)

(lyrical school新メンバーのyuu、hinako)

 

day2  3月28日(火) 多種多様なラップのスタイル/作詞実践
講師:高木JET晋一郎(午前)、ALI-KICK(午後)
午前中はPCを囲んでYouTubeで様々なアーティストのMVを視聴しながら、いろいろなラップのスタイルを学ぶ授業でした。講師の高木JET晋一郎さんにはバラエティ豊かな楽曲を紹介して頂きました。

(ラップのスタイルについて講義する、高木JET晋一郎先生)

(MVに興味津々の生徒たち)

午後の授業は初日に続き、作詞の授業です。この日から歌詞のテーマを「放課後」に決めて8小節のラップを参加者が書き始めました。参加者の方々が、講師のALI-KICKさんのアドバイスを熱心に聴く姿が印象的でした。

(みんなでワイワイ「放課後」トーク)

(「放課後」をテーマに、途中まで出来たラップを披露してみる生徒たち)

 

day3  3月29日(水) ラップとトラック
講師:ALI-KICK
午前中は、トラック制作の方法についての座学でした。専門的な知識や機材が無いと難しいトラックメイクですが、「誰でも出来るトラックメイク」を目指して、サンプリング技法などを中心にトラックメイクの基礎を学べる貴重な時間になったと思います。

(トラックメイクの基礎を学ぶ)

午後の授業では、参加者がそれぞれ作詞したラップを、簡易的に録音して確認しながら推敲していきました。

(人生初の録音、笑顔が止まらないメデルカナデル)

(新しい発見に喜ぶ、小泉花恋)

(こちらも人生初録音、緊張ぎみの塩じゃけ大好きお姉さん)

 

day4  3月30日(木) 家で出来るボーカルレコーディング
講師:MO-RIKI
午前中は自宅などでボーカルレコーディングする際に必要になる機材やソフトの紹介や、またその方法などを教える座学でした。

(笑顔で講義する、MO-RIKI先生)

(左から、MO-RIKI先生、Mashiki.、塩じゃけ大好きお姉さん、小泉花恋、メデルカナデル)

午後は、レコーディングエンジニアのMO-RIKIさん立ち会いのもと、参加者が自ら作詞したラップを宅録さながら教室に簡易的に立てたマイクでレコーディングを行いました。

(上手くできて喜ぶ、メデルカナデル)

(オリジナルラップをレコーディング中のminan)

 

day4  3月31日(金) ミュージックビデオ制作/レコーディング実践&MV構想
講師:栗林和明(午前)、MO-RIKI、栗林和明(午後)
午前中は、YouTube にアップされている様々なミュージックビデオを見ながら、多種多様な表現のアプローチを学び、自分たちの出来る範囲でどのように面白いビデオを制作していくかを考える授業でした。

(様々なミュージックビデオの手法を紹介する、栗林和明先生)

(自作ビデオの手法を説明する、キムヤスヒロ)

午後は、lyrical schoolの縦型スマホジャックMVも担当した講師の栗林和明さんにアドバイスを受けながら、自分たちが制作するミュージックビデオのアイデアを出していく時間になりました。

(放課後からどんどんイメージを膨らませる)

(撮影方法についてもみんなで意見を出し合ってセッション)

※前日にレコーディング出来なかった参加者はこの時間でレコーディングを行いました

(オリジナルラップをレコーディング中の、hinako)

(オリジナルラップをレコーディング中のhime)

 

6day  4月1日(土) ミュージックビデオ撮影
この日は一日でミュージックビデオの撮影を行いました。

(使用カットへのこだわりを語る、塩じゃけ大好きお姉さん)

(撮影した動画を編集中)

 

last day  4月2日 (日)
講評:ALI-KICK、KEN THE 390、高木JET晋一郎
この日は一日で、撮影した素材を編集してミュージックビデオを完成させました。
そしていよいよALI-KICKさん、KEN THE 390さん、高木JET晋一郎さんの3名を迎えて、講評です。

(発表前で、賑わう生徒たち)

「放課後」をテーマにした2グループのミュージックビデオを見ながら、講師やゲストの皆さんからコメントをいただきました。

(ミュージックビデオを見て、それぞれの感想を述べる)

ラップ女子校で授業を受け、ラップに向き合った彼女たち。
「放課後」という同じテーマで書いたラップの歌詞にも表現にも、一人一人の全く異なる個性がよく表れています。

「楽しかったです!」「これからもラップに挑戦してみます!」と、いう嬉しい言葉が飛び交いました。

(上段左から、塩じゃけ大好きお姉さん、hinako、risano、yuu、メデルカナデル、小泉花恋
中段左から、hime、高木JET晋一郎、ALI-KICK、KEN THE 390、minan
下段、キムヤスヒロ)

 

参加してくださった皆さん、講師/講評にご協力くださった皆さまありがとうございました!
次回、夏に開催予定です。詳細が決定しましたらお知らせいたします。
これからも、ラップ女子校 lyrical school にご注目ください!!

 

では、ご覧ください!
ラップ女子校、第一回目の生徒作品です!!

 

「さよならsunset」 ミュージックビデオ


出演:小泉花恋/メデルカナデル/yuu (from lyrical school)/minan (from lyrical school)

 

「放課後ラップ」 ミュージックビデオ


出演:塩じゃけ大好きお姉さん/risano (from lyrical school)/hinako (from lyrical school)/hime (from lyrical school)

 

<参加者紹介&コメント>

小泉花恋(アイドル)
上野育ちの上野っ子として活動する上野のご当地ソロアイドル。
パンダとアイドルが大好きな19歳。国連が関わるアート展で上野動物園のパンダの見分け方講座を行ったり、レギュラー番組にて推しのアイドルのプレゼンコーナーを持つなど、何かとフリップ芸を披露しがちなものの、本人は絶滅危惧種の超正統派アイドル。

 

毎日色んなことを知れて、1週間で出来ることがたくさん増えて自信につながりました!
そして今、1曲フルで歌詞とラップを書いています。お披露目までもうちょっと待っててね!

小泉花恋さんblog、ラップ女子校の記事はコチラ

 

塩じゃけ大好きお姉さん
ラップのこと何も知らないで参加したのですが、まさか1週間でここまで形になるとは……思ってもいなかったのでビックリです。プロの方は、やっぱりプロだなって思いました。(笑)そして、私の最終学歴が「ラップ女子校卒業」になります!(嬉)

 

メデルカナデル(小学生)
ALI-KICK先生にラップのルールなど色々教えてもらって、初めてラップを作ることができました。MVは、私たちのチームはコマドリだったので、撮影が大変だったんですが上手くできて良かったなと思います!自然と口ずさんでしまうぐらい、お気に入りの曲です!!

 

久慈美流(中学生)
初めてラップをやってみて最初は、難しくて大変だなと思いましたが色々やり方を教えてもらい、歌詞を作ってみて、韻を踏むのが楽しくて夢中になりました。もっともっとやりたいと思いました。

 

 

Mashiki.
1dayでレコーディング講座のみの参加でしたが、簡易的に作詞乃至録音までさせて頂き、とても勉強になりました。なにより本当の女子校みたいに和気藹藹とした雰囲気で楽しかったです。全行程に参加できなかったのが悔やまれますが、またの機会があれば是非参加したいと思います。


yuu (from lyrical school)

私たち新メンバー3人も講座を受けたのですが、ラップについてたくさん学ぶことができて、押韻だけじゃなくラップの遊びの部分まで教えてもらったので、今後の自分の表現に生かせればと思いました!カッコイイMVが完成したので是非みてください!!

hinako (from lyrical school)

「放課後」がテーマだったのですが、私は高校生時代に放課後、熊が出てきて集団下校した思い出ばっかりだったので、その思い出を歌詞にしたくて、考えて出来たラップがこれです!行き帰りの電車でも頭の中で曲が流れて、放課後ラップのことを考えてたので、体ごと楽しめてたんだと思います!

 

risano (from lyrical school)
ラップの曲は大好きだったのですが、今までは歌詞をメインに聴いたことがなく、音として楽しんでいました。いろんなラッパーさんの曲を教えていただいて、聴いてみたら、色んなラップがあって面白かったし、個性の出し方って何でもアリなんだなっていうのが分かって、これからも色んなラップを聴いてリリックをどんどん耳に入れて楽しんでいきたいなって思いました。

 

hime (from lyrical school)
聴き終わったあとにワンフレーズでも、耳に残ってたらいいなと思って「パンケーキ超DOPE」みたいなJKならではのパンチラインを混ぜてみました!2作品ともテーマとビートが同じなのに、全く違う曲に仕上がったのがすごく楽しくて、またやりたいなって思いました!

minan (from lyrical school)

私は lyrical school でラップをしていますが、初めて知れたことや、改めて学べることができて参加できて良かったです。参加者のみんなが、初めてリリックを書いたり、ラップをしてみたりしている過程を見たり聞いたりしている中で、こういう表現もあるのかと新鮮な発見がたくさんありました。ラップをするのはとっても楽しいよ!女子ラップ盛り上がれー!!

<講師陣紹介>

ALI-KICK
1978年生まれ。ふたご座。音楽プロデューサー。ROMANCREWのメンバー。
KREVA、SHINGO★西成、般若、韻踏合組合、サイプレス上野とロベルト吉野などのHIPHOP勢のプロデュースをはじめ、久保田利伸への楽曲提供や、アイドルラップグループlyrical school、声優ユニットevery♥ing!への楽曲提供と幅広く活動している。

 

高木JET晋一郎
音楽ライター。主にヒップホップ/アイドル/ブラックミュージックを中心に執筆。TV BROS「WHAT’S THE TIME」、Amebreak「Beat Scientist」など連載。共著に「ラップのことば」、構成にサイプレス上野「ジャポニカヒップホップ練習帳」など。

 

MO-RIKI
スタジオNu Funk Factory代表
エンジニアとして、数々の話題のアーティストを手がけ、その傍ら防音工事アドバイザーとしても活躍する。 lyrical school の前進 tengal6 時代からレコーディングを担当している。

 

栗林和明 Buzz Machine
専門は「バズ」。 話題の“量”、“質”、そして“精度”を高める。 過去100社以上の インタラクティブプロモーション施策を担当。直近2年で獲得映像再生数は1億超。主な担当作品は縦型スマホジャックMV「RUN and RUN」、日産自動車「Intelligent Parking Chair」、AKB48「LOVE TRIP」MV、サントリー「忍者女子高生」、など。 カンヌライオンズ Goldなど受賞

 

<講評ゲスト>

KEN THE 390 -ケンザサンキューマル-
自らのラップはもちろん、イベント/レーベル運営まで精力的に行い注目を集める。
フリースタイルバトルで実績を重ねた後、2006年1stアルバム「プロローグ」にてデビュー。現在までに、フルアルバム8枚、ミニアルバム4枚をリリース。2016年にはCDデビュー10周年を記念したベストアルバム「KEN THE 390 ALL TIME BEST」がリリース。
活発なアーティスト活動を続けながら、現在は話題のMCバトル番組”フリースタイルダンジョン”にも、審査員としてもレギュラー出演。またタワーレコードが主宰する放送局「タワレボ」にて番組パーソナリティを務めるなど、その活動は多岐にわたっている。